日本植物保護科学連合 Union of Japanese Societies for Plant Protection Science


トップ > カレンダー > シンポジウム
日本学術会議公開シンポジウム 「植物保護におけるゲノム科学の利用」

日 時 : 平成24年11月13日(火) 13:00〜17:30
場 所 : 日本学術会議講堂
     (東京都港区六本木7-22-34 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」下車、5番出口1分)

主 催 : 日本学術会議農学委員会植物保護科学分科会、植物保護科学連合
     (日本植物病理学会, 日本応用動物昆虫学会, 日本農薬学会, 植物化学調節学会, 日本雑草学会)

プログラム
 13:00〜13:10  開会挨拶「シンポジウム開催にあたって」
       日本学術会議 農学委員会植物保護科学分科会委員長  白石 友紀(岡山大学自然科学研究科)
 13:10〜13:50  特別講演「植物の環境ストレス応答機構の解明と分子育種への応用」
       篠崎 和子(東京大学農学生命科学研究科)
 13:50〜14:20  「植物の環境ストレス応答におけるエピジェネティック制御」
       関 原明(理化学研究所植物科学研究センター)
 14:20〜14:50  「スルホニルウレア系除草剤に対する抵抗性の獲得とALS遺伝子ファミリー ―ミズアオイ属雑草を例に―」
       汪 光熙(名城大学農学部)・ 冨永 達(京都大学農学研究科)
 15:05〜15:35  「農薬・ゲノムハイブリッド技術による作物保護の現状と展望」
       清水 力(クミアイ化学工業株式会社)
 15:35〜16:05 「アルタナリア病原菌の植物寄生性を決定するCD染色体の比較ゲノミクス」
       柘植 尚志(日本学術会議連携会員,名古屋大学生命農学研究科)
 16:05〜16:35 「害虫の薬剤防除における課題:ゲノム科学からのアプローチ」
       野田 博明(農業生物資源研究所)
 16:45〜17:30 まとめと総合討論
       日本学術会議 農学委員会植物保護科学分科会副委員長 藤崎 憲治

参加申し込み
 事前参加申し込みの締め切りは10月31日です。
 (申込みなしでの参加も可能ですが、できるだけ期日までにお申し込みください)

参加費
 参加費は無料です。

申込みおよび問い合わせ先
 筑波大学生命環境系 松本 宏
  〒305-8572 茨城県つくば市天王台 1-1-1 
  TEL/FAX : 029-853-6417
  E-mail : hmatsu@biol.tsukuba.ac.jp



2012/10/24掲載

COPYRIGHT(C) 日本植物保護科学連合 2012 All Rights Reserved.